関西国際空港視察

水素社会推進小委員として空港内で稼働しているフォークリフト約400台を水素燃料電池に転換を目指しておられる関空会社の取り組みを聞かせて頂き現場視察をして来ました。屋内作業では排気ガスが出ないバッテリー車が良いのですが、充電時間が長く効率が悪い様で短時間で充填出来る水素燃料車が導入される余地は充分に有りそうです。
1
2
3


4 5

ぜひフォローをお願いします!